•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    入社したばかりの城田の上司は、部下に厳しいことで有名な優子部長。城田は初心者のためミスが多く、優子に叱られてしまう。今回の出張に、優子は習いに同行させることにした。優子は今回の出張で城田のかわいらしさとはにかむ姿を見て、手を触ってワインを注いでもらうときの照れた表情がとても気に入った…城田が予約していたホテルに二人で到着したとき。残り一部屋しかなかった。城田は外で寝るつもりだったが、優子は一緒に寝ることを許可した。少し疲れを感じたので、彼女は彼にしばらくマッサージしてほしいと頼みました。マッサージ中、城田は優子の美しく柔らかく滑らかな体に触れることができ、優子の2つの巨大なグレープフルーツに城田は目を離すことができなかった。処女のあなたには、この恐ろしい魅力に抗うことはできません。彼はすぐに裕子の体の匂いをこねて吸い込み、彼女の服を脱いで彼女とセックスしたいと考えました。優子は断ろうと思ったが、城田がまだ処女だったので我慢できなかった。そこで優子は一度だけセックスを許可した。しかし、城田がもたらした幸福感が優子を全て忘れさせた。二人は翌朝まで一晩中セックスを続け、飛行機に乗り遅れてもノンストップで愛し合い続けた…。